豪雨2か月 人気アニメ舞台のモデル 西瀬橋 通行再開 熊本 人吉

豪雨2か月 人気アニメ舞台のモデル 西瀬橋 通行再開 熊本 人吉
記録的な豪雨から2か月となる4日、人気アニメの舞台のモデルとしても知られ、球磨川の氾濫で橋の一部が流出した熊本県人吉市の西瀬橋は、仮設の橋をかける作業が完了し、通行が再開されました。
人吉市の西瀬橋は、少年と妖怪との交流などを描いた人気アニメの舞台のモデルとしても知られ、全国からファンが訪れていましたが、豪雨による球磨川の氾濫で、橋の一部が流失しました。

流失した部分に仮設の鉄板の橋をかける復旧作業が完了し、豪雨から2か月となる4日から通行が再開され、地元の小学生らが早速、橋を渡って通学していました。

近くの小学校に通う6年生の女子児童は「1年生のときから渡っていた橋だったので、流されてしまったときはとてもショックでした。また通れるようになって安心しました」と話していました。

また、近所に住む40代の男性は「この橋は、ふだんの暮らしに欠かせない生活道路で、通行できないととても不便でした。橋が通れるようになって本当によかったです」と話していました。