台風10号 気象庁「最大級の警戒 きょう中に備えを終わらせて」

台風10号 気象庁「最大級の警戒 きょう中に備えを終わらせて」
k10012599841_202009041214_202009041222.mp4
台風10号について、気象庁と国土交通省は3日に続けて台風接近前としては異例の合同会見を開き、「台風が接近する地域では記録的な大雨、暴風、高波、高潮となるおそれがある。最大級の警戒が必要だ。自分の命、大切な人の命を守るため早めの対策をお願いしたい」として、4日までに台風への備えを終わらせるよう呼びかけました。

5日夜から 広い範囲で甚大な影響のおそれ

気象庁の担当者は「台風10号は今後、特別警報級の勢力まで発達し、あす5日夜から6日午前中にかけて沖縄地方に接近し、その後も勢力を維持しまたまま6日から7日にかけて奄美地方や九州に接近、または上陸するおそれがある。広い範囲で甚大な影響を受けるおそれがある」と説明しました。

そのうえで「台風が接近する地域では記録的な大雨や暴風、高波、高潮となるおそれがあり最大級の警戒が必要だ。きょう中に台風への備えを終わらせてほしい。自分の命、大切な人の命を守るため、早めの対策をお願いしたい」と呼びかけました。

国交省「鹿児島や宮崎 大きな河川でも氾濫のおそれ」

また、国土交通省の担当者は「今後、台風に伴う大雨で、河川の増水や氾濫が起き、高潮で海岸・河口付近で浸水や冠水が発生する可能性がある。中でも鹿児島や宮崎では、国が管理するような大きな河川でも氾濫するおそれが高まっている。ほかの地域でも気象情報に注意してほしい」と説明し、「雨量によっては河川の整備計画の能力を超えるおそれもあり、極めて厳しい状況だ」と危機感を示しました。

晴れでも河川の水位には十分注意を

また、九州など9つのダムでは今後の予測を踏まえ、大雨に備えてあらかじめダムの水位を下げ、容量を確保するための「事前放流」を行っているとして、晴れていたとしても水位には十分注意するよう呼びかけています。

風が強くなる前に安全なところへ避難を

そのうえで、「市町村が作成している洪水のハザードマップなどを早いうちに確認して、浸水の可能性や避難場所、避難経路などを把握するとともに、避難への備えを進めてほしい。台風が接近する地域では、川が増水すると、暴風で移動できなくなることも考えられる。風が強くなる前に安全なところへ避難するなど早めに身の安全を確保してほしい」と呼びかけました。