新潟で39度超 フェーン現象で気温上昇

新潟で39度超 フェーン現象で気温上昇
k10012598011_202009031235_202009031236.mp4
日本海にある台風9号の影響で日本海側を中心に気温が上がり、新潟県では午前中からすでに39度以上の危険な暑さとなっているところがあります。熱中症に厳重に警戒してください。
気象庁によりますと、台風9号は朝鮮半島を通過し日本海に抜けましたが、台風に向かって南よりの風が強まっていて、山越えの暖かい風が流れ込む「フェーン現象」のため、日本海側を中心に気温が急激に上がっています。

午前11時半までの最高気温は、
▽新潟県の三条市で39.2度、
▽胎内市で38.8度、
▽山形県鶴岡市鼠ヶ関で38.2度と
すでに38度を超える危険な暑さとなっているところがあるほか、
▽秋田県にかほ市で37.7度、
▽富山市で37.6度、
▽石川県羽咋市で37.5度などと、日本海側の各地で猛烈な暑さとなっています。

日中の最高気温は
▽石川県輪島市と新潟県長岡市で38度、
▽松江市と金沢市で37度、
▽兵庫県豊岡市と秋田市で36度、
▽福井市と山形市で35度などと予想されていて、熱中症に厳重に警戒が必要です。

こまめに水分補給をするほか、屋外ではなるべく日ざしを避け室内では適切に冷房を使うなど対策を心がけてください。
一方、南から流れ込む暖かく湿った空気の影響で大気の状態が不安定になり、西日本や東日本で局地的に雨雲が発達しています。

土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水のほか、落雷や突風にも十分注意してください。