知人らをスーパー客に装う テレ朝番組に放送倫理違反 BPO

知人らをスーパー客に装う テレ朝番組に放送倫理違反 BPO
去年放送されたテレビ朝日の報道番組で、担当ディレクターの知人らをスーパーの一般客のように装って出演させていたことについて、BPO=「放送倫理・番組向上機構」は放送倫理違反があったと結論づけました。
テレビ朝日の報道番組「スーパーJチャンネル」は、業務用スーパーマーケットを取り上げた、去年3月の放送で、担当した契約ディレクターが講師を務めていた、俳優を養成する教室の生徒たちを、一般の利用客のように装って出演させていました。

テレビ朝日は「極めて不適切な演出だった」と謝罪し、BPOの放送倫理検証委員会が審議していました。

BPOは2日、意見をまとめて公表し、限られた人員と時間で企画の趣旨に即した映像を撮ることが強く求められる制作現場の在り方や、制作スタッフが疑問を感じても全員に共有されなかったなどの問題点を指摘しました。

そして「取材の過程が適正とは言いがたく、内容も正確ではなく公正さを欠いていた」として、放送倫理違反があったと結論づけました。

テレビ朝日は「今回の不適切な演出は視聴者の皆さまの信頼を損ねる行為であり、改めて深くおわびします。BPOの決定を真摯(しんし)に受け止め引き続き再発防止に努めていきます」とコメントしました。