台風9号 長崎で非常に強い風 暴風や高波・高潮に厳重警戒

台風9号 長崎で非常に強い風 暴風や高波・高潮に厳重警戒
k10012595511_202009021912_202009021925.mp4
大型で非常に強い台風9号は九州の北西の海上を北寄りに進んでいます。台風に近い長崎県では非常に強い風が吹いていて、暴風や高波、高潮に厳重な警戒が必要です。台風の影響で西日本と東日本の太平洋側では断続的に激しい雨が降っていて、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫にも警戒が必要です。
気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風9号は、午後11時には、長崎県五島市の北北西120キロの海上を1時間に25キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

午後10時すぎには、いずれも長崎県の
▽福江空港で44.8メートル、
▽佐世保市で38.3メートル、
▽対馬空港で36メートルの最大瞬間風速を観測しました。

湿った空気の影響で西日本と東日本の太平洋側では発達した雨雲がかかり断続的に激しい雨が降っています。

今後の見通しです。
台風は夜にかけて非常に強い勢力を維持したまま九州北部の一部を暴風域に巻き込んで北上する見込みです。

3日にかけての最大風速は、
▽九州北部で35メートル、
▽九州南部と四国で23メートル
▽奄美地方で20メートルと予想され、
最大瞬間風速は
▽九州北部で50メートル、
▽九州南部と四国で35メートル、
▽奄美地方で30メートルに達する見込みです。

特に、長崎県の対馬や五島では、3日の明け方にかけて、走行中のトラックが横転するほどの猛烈な風が吹くおそれがあります。

海上の波の高さは、
▽九州北部で12メートル、
▽九州南部で9メートルの猛烈なしけが続くほか、
▽奄美地方で8メートル、
▽四国で5メートルと予想されています。

大雨にも警戒が必要です。九州では3日未明にかけて、四国や東海ではあすにかけて雷を伴って非常に激しい雨が降り、局地的には、1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。

3日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽四国で300ミリ、
▽東海で250ミリ、
▽九州北部で200ミリ、
▽九州南部で180ミリと予想されています。

東海や四国では4日にかけて雨量は増える見通しです。
気象庁は、暴風や高波、高潮に厳重に警戒するともに、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

特に、猛烈な風が予想されている長崎県では、不要不急の外出を控え、屋内ではカーテンを閉めて窓から離れるようにするなど、暴風への対策を取ってください。

感染リスクも避ける 避難の際の注意点

災害から命を守るには危険な場所から避難することが重要です。

自宅が安全な場所に無く、避難所に行く場合でも、新型コロナウイルスの感染のリスクがあるといって避難をためらわないでください。

避難所でどのようなことに注意すればいいのか、ポイントをまとめました。

<避難所に入る前に体調チェック>
▽まず、避難所に入る前に自分の体調や体温を確認してください。体調に不安がある場合は避難所の運営者に申し出てください。
▽避難所の運営者は、体調に不安がある方を専用のスペースに移動してもらうことも検討してください。例えば体育館が避難所の場合、空いている学校の教室に移動させるのも有効です。

<避難所に入ったら>
▽感染を予防するために「密閉・密集・密接」の3つの密をできるかぎり避けてください。マスクを着用して換気を心がけ密接した状態での会話は控えてください。
▽ほかの人との距離は、飛まつが届かない2メートルほど空けるといいとされています。現実的には厳しいかも知れませんが、可能なかぎり距離を取るようにしてください。
▽特にお年寄りや基礎疾患のある方、妊娠中の方などは距離を取って過ごすようにしてください。
▽手洗いを徹底するようにしてください。多くの人が接触するドアノブなどに触れた際には、特に重要です。手で顔に触れることもなるべく控えてください。

<状況悪化の場合は無理をせず>
▽ただ、暴風が吹いたり、浸水が始まったりしている中での避難所への移動は危険が伴います。
▽近くの頑丈な建物に移動する、自宅の高い階にある窓の少ない部屋などに移動することで、安全度が高まることがあります。