8月 日本の南の海面水温 統計開始以降最高 今後の台風も発達か

8月 日本の南の海面水温 統計開始以降最高 今後の台風も発達か
k10012595111_202009011952_202009012003.mp4
猛暑となった8月は、日本の南の海面水温も広い範囲で30度前後に達するなど、統計開始以降、最も高くなりました。
現在もこの状態は続いていて、気象庁は小笠原近海にある熱帯低気圧も台風となって発達し、日本に近づくおそれもあるとして注意を呼びかけています。

3海域で統計史上最高温

気象庁によりますと、8月の日本の平均海面水温は、東日本と西日本、沖縄・奄美の太平洋側の広い範囲で30度近い領域が広がり、平年よりかなり高くなりました。

特に、
▽沖縄の東では30.7度と、平年より2.1度高く、
▽四国・東海沖では29.8度と、平年より1.7度高く、
▽関東の南東では29.3度と、平年より1.6度高く、
いずれも1982年の統計開始以降、最も高くなりました。

8月は太平洋高気圧の張り出しが強かったため、暖かい空気に覆われて水温が上がったほか、台風が日本の西側を通過したため、海水がかき混ぜられずに水温が下がらなかったことが要因だとしています。

台風発達しやすい海面水温

海面水温が高い領域では、台風のエネルギーとなる水蒸気が多く発生し、そこでは台風が発達しやすくなります。

熱帯低気圧 台風で接近か

現在、小笠原近海にある熱帯低気圧が台風となって北上した場合、海面水温の高い場所を通過するため、より発達して日本に近づくおそれがあるということです。

気象庁「強い危機感」

海面水温が平年よりかなり高い状態は、9月下旬まで続く見込みで、気象庁は「熱帯低気圧が北上すれば、どの領域を通っても海面水温が高く、台風として発達する可能性があり、強い危機感を持っている。今後の情報に注意してほしい」と話しています。