福岡 女性殺害 少年「女性に興味 抵抗されたので刺した」

福岡 女性殺害 少年「女性に興味 抵抗されたので刺した」
福岡市の商業施設で21歳の女性が殺害された事件で、刃物を持っていたとして逮捕された少年が、警察の調べに対し「女性に興味を持ってあとをつけたが抵抗された」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は、供述内容について慎重に捜査しています。
先月28日、福岡市中央区の商業施設「MARK IS 福岡ももち」の1階にある女子トイレで、福岡市南区のアルバイト、吉松弥里さん(21)が刃物で刺されて殺害され、警察は近くで血のついた刃物を持っていた15歳の少年を、銃刀法違反の疑いで逮捕しました。

これまでの捜査で、防犯カメラにはトイレに向かう吉松さんを追う少年が写っていたことが分かっていて、捜査関係者によりますと、警察の調べに対し少年が「女性に興味を持ち、ねらってあとをつけたが、抵抗されたので刺した」という趣旨の供述をしているということです。

一方、少年の関係者はNHKの取材に対し「少年は気持ちに起伏があり、日によって話す内容に差がある。表現力も十分ではなく、信ぴょう性を検討すべきだ」と指摘しています。

警察は、供述内容について事実関係を慎重に捜査しています。