福岡 女性殺害 トイレの広範囲に血痕 少年 執ように襲ったか

福岡 女性殺害 トイレの広範囲に血痕 少年 執ように襲ったか
k10012593301_202008312209_202008312211.mp4
福岡市の商業施設で21歳の女性が刃物で殺害された事件で、現場のトイレの広い範囲に血痕が残されていたことが警察への取材で分かりました。
刃物を持っていたとして逮捕された少年のものと一致する靴跡も複数見つかり、警察は、少年がトイレに入る女性を後ろから刺したうえ、その後もトイレ内で執ように襲ったとみて捜査しています。
今月28日、福岡市中央区の商業施設、「MARK IS 福岡ももち」の1階にある女子トイレで、福岡市南区のアルバイト、吉松弥里さん(21)が刃物で刺されて殺害され、警察は、近くで血のついた刃物を持っていた15歳の少年を銃刀法違反の疑いで逮捕しました。

これまでの捜査で防犯カメラにはトイレに向かう吉松さんのあとを追う少年の姿が写っていたことが分かっていて、警察によりますと、トイレの中は広い範囲にわたって血痕が残されていたということです。

また、少年のものと一致する靴跡も複数見つかったということです。

吉松さんは、背中だけでなく胸なども何度も刺されていて、警察は、少年が、トイレに入る吉松さんの背中を後ろから刺したうえ、その後もトイレ内で執ように襲ったとみて捜査しています。