台風9号接近 一部住宅倒壊のおそれも 最大瞬間風速40~70m

台風9号接近 一部住宅倒壊のおそれも 最大瞬間風速40~70m
k10012591881_202008310614_202008310615.mp4
大型で強い台風9号は発達しながら北上し、31日夜から1日にかけて非常に強い勢力で沖縄県や鹿児島県の奄美地方に近づく見込みです。一部の住宅が倒壊するほどの猛烈な風が吹くおそれがあり、暴風や高波に厳重な警戒が必要です。雨や風が強まる前に台風への備えを済ませ、早めに頑丈な建物に移動するなどしてください。

最大瞬間風速 40~70m

気象庁によりますと、大型で強い台風9号は、沖縄の南の海上を発達しながら北上し、1日にかけて、非常に強い勢力で沖縄県に近づく見込みです。

台風の接近に伴い風が強まる見込みで、
▽沖縄本島地方では31日夜から1日にかけて
▽鹿児島県の奄美地方では1日、
一部の住宅が倒壊するほどの猛烈な風が吹くおそれがあります。

1日にかけての最大風速は
▽沖縄本島地方で50メートル
▽宮古島地方で27メートル、
最大瞬間風速は40メートルから70メートルに達すると予想されています。

▽奄美地方でも1日の最大風速は30メートル、
最大瞬間風速は45メートルと予想されています。

海は大しけに

沖縄県の沿岸海域では昼すぎからは大しけとなる見込みで、1日にかけては
▽沖縄本島地方で13メートル
▽奄美地方で11メートル
▽宮古島地方で9メートルの猛烈なしけとなる見込みです。

沖縄 猛烈な雨のおそれ

台風本体や周辺の雨雲がかかるため、沖縄県では局地的に、1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。

1日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで
▽沖縄本島地方で300ミリ
▽宮古島地方で150ミリ
▽奄美地方で100ミリなどと予想されています。

さらに2日朝までの24時間では
▽沖縄本島地方と奄美地方で200ミリから300ミリと予想されています。

台風の接近と大潮の時期が重なるため、
▽沖縄県と奄美地方では1日にかけて潮位が高くなり、海岸や河口付近では浸水のおそれがあります。

気象庁は暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や土砂災害、高潮に警戒を呼びかけています。

台風への備えは風や雨が強まる前の明るいうちに済ませ、早めに頑丈な建物に移動するなどしてください。