インターネット番組出演 23歳女性死亡 SNSで非難の書き込みも

インターネット番組出演 23歳女性死亡 SNSで非難の書き込みも
若い男女の共同生活に密着するインターネットの人気番組に出演していて自殺しているのが見つかった23歳の女性について、以前、SNS上で行動を非難するような書き込みがあったことが関係者への取材でわかりました。警視庁などが当時の状況について確認を進めています。
インターネットのリアリティー番組、「いきなりマリッジ」に出演していた濱崎麻莉亜さん(23)は、今月26日東京・港区の自宅マンションで亡くなっているのが見つかり、現場の様子などから自殺とみられています。

濱崎さんは、これまで別のリアリティー番組にも出演し日々の行動をSNSなどに投稿していましたがことし4月ごろマスクをせずに外出したことなどについて非難するようなコメントが相次いで書き込まれていたことが関係者への取材でわかりました。

一時、書き込みをした人とネット上で口論するような状態になっていたということです。

一方、番組を制作しているABEMAは「現在、状況を確認している」としたうえで「最近悩んでいたような事実は確認できていない」としています。

番組は男女が30日間一緒に生活して結婚するか別れるかを決める様子に密着したもので若い世代に人気がありましたが、濱崎さんが亡くなったことを受けて配信を取りやめることが決まっています。

警視庁は関係者から話を聞くなどして当時の状況について確認を進めています。

ネット上で中傷受け自殺するケースが相次ぐ

男女の共同生活や恋愛などを記録するリアリティー番組をめぐっては、これまでにも出演者がネット上で中傷を受けるなどして自殺するケースが相次いでいます。

ことし5月には、フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラーの木村花さん(22)が自殺し、ネット上でのひぼう中傷に悩んでいたことが分かっています。

また、イギリスではおととし島に滞在する男女の恋愛の様子を追う番組に出演していた32歳の女性が自殺し、さらに去年にも同じ番組に出演していた26歳の男性が自殺して、対策の強化を求める声が強まっています。

相談窓口

「日本いのちの電話」
▽ナビダイヤル「0570-783-556」
 午前10時~午後10時
▽フリーダイヤル「0120-783-556」
 毎日:午後4時~午後9時
 毎月10日:午前8時~翌日午前8時