競泳 池江選手「第2の水泳人生の始まり」復帰レースを終えて

競泳 池江選手「第2の水泳人生の始まり」復帰レースを終えて
白血病からの競技復帰を目指してきた競泳の池江璃花子選手が、29日、都内で行われた大会の女子50メートル自由形に出場しました。復帰レースを終えた池江選手は「すごく緊張したが目標タイムを大幅に更新して、リスタートをいい形で切ることができた。第2の自分の水泳人生の始まりになったと思う」とかみしめるように話しました。
およそ1年7か月ぶりにレースに臨むにあたっては、「何も考えず楽しんで泳ぐことを1番に考えていた。やっぱりスタート台の前に立ったときは戻ってきたなと実感した。久しぶりに全力でダイブするので、レース直前はゴーグルが取れないか心配して、ずっと顔を押さえていた」と冗談交じりに話しました。

レースについては「最後の15メートルは疲れで体が動かなくなったが、負けたくないという気持ちで最後まで出し切った。今回は組で1着になれてうれしいが、一方で、これからの試合で勝てなかったときの悔しさの想像がついた。アスリートとしての負けたくないという気持ちは残っていたと感じた」と話しました。

レース直後に涙を見せた場面については「闘病生活を間近で支えてくれた関係者がうるっとしている姿を見て、もらい泣きしてしまった」としたうえで、「ここまで回復して、ここまで戻ってきた姿をやっといろんな人に見せられる機会だったので、無事に終えることができてホッとした」と話していました。

今後に向けては「去年の9月のインカレのときに来年は絶対に出たいという気持ちでやってきたので、その思いを爆発させて思いをかなえられた姿を見せたい。1番の目標はパリオリンピックに出場することなので、体力を戻していって、徐々にタイムを出していきたい」と意気込んでいました。