森友文書改ざん関与で自殺 職員の妻が首相辞任にコメント

森友文書改ざん関与で自殺 職員の妻が首相辞任にコメント
森友学園に関する財務省の決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した近畿財務局の男性職員の妻は、安倍総理大臣が辞任の意向を固めたことについてコメントを公表しました。
近畿財務局の職員、赤木俊夫さん(当時54)の妻の雅子さんは、夫が改ざんを苦に自殺したとして国などを相手取って裁判を起こすとともに、35万人を超える署名を集めて安倍総理大臣宛てに提出し、事実関係の再調査を行うよう求めてきました。

安倍総理大臣が辞任の意向を固めたことについて、雅子さんは代理人の弁護士を通じてコメントを公表しました。

この中で安倍総理大臣に対して「体調不良で辞任されるとのことですが、1日も早く回復するようお祈り申し上げます」と気遣ったうえで、「次に総理大臣になる方は、夫がなぜ自死に追い込まれたのかについて、有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施していただきたいと思います。また、私は国に対して損害賠償請求などの裁判を起こしています。次に総理大臣になる方は、これらの裁判においても、夫がなぜ自死に追い込まれたのかが明らかになるような訴訟活動をしていただきたいと思います」と述べています。