横浜 重機転落事故 救助活動続くも作業員発見できず

横浜 重機転落事故 救助活動続くも作業員発見できず
横浜市でかつてアメリカ軍などが使用し、いまは公園の造成が行われている土地で、重機ごと地下タンクに転落したとみられる作業員について28日朝から、救助活動が行われていますが、午後5時の時点で発見できていません。
今月25日、横浜市金沢区にある、かつてアメリカ軍などが燃料の貯蔵基地として使用した「小柴貯油施設」の跡地で、公園の造成に向けた作業をしていた60代の男性作業員の行方がわからなくなりました。

燃料をためるために使われていた直径およそ45メートル、深さおよそ30メートルの地下タンクに、20トンある重機ごとタンクに転落したとみられています。

タンクにたまっていた水を抜く作業が続けられた結果、28日朝から救助活動が始まり、午前中には転落した重機のキャタピラーの部分が確認されました。

しかし消防によりますと、消防の救助隊員が水中に潜って重機の運転席付近の捜索を試みたものの、周囲に泥が多く、重機が水につかった状態での捜索は困難だとして、午後は救助活動ではなく、さらに水を抜く作業が行われたということです。

男性作業員は午後5時の時点では依然として見つからないままで、横浜市が今後の活動方針を検討しています。