社民 福島党首「最後に説明責任果たすべき」

社民 福島党首「最後に説明責任果たすべき」
社民党の福島党首は記者団に対し「体調が回復するよう心からお見舞いを申し上げるが、安倍総理大臣は、河井夫妻による選挙違反事件の問題などで最後に説明責任を果たすべきだ。そのうえで、これまでの政治を変えなければならず、速やかに衆議院の解散・総選挙で民意を問うべきだ」と述べました。