安倍首相 辞任の意向 政界の反応は…

安倍首相 辞任の意向 政界の反応は…
安倍総理大臣が総理大臣を辞任する意向を固めたことについて、政界の反応です。

森法相「びっくりした」

森法務大臣は、NHKの取材に対し、「びっくりした。まだご本人から正式に聞いていないので詳細なコメントはできないが、きょうの新型コロナウイルス対策本部のときの様子などからは、引き続き総理大臣を担われていくのかと思っていた」と述べました。

茂木外相「残念な思いでいっぱい」

茂木外務大臣は、NHKの取材に対し、「7年8か月の間、日本経済の再生をはじめ、日米同盟の強化、地球儀をふかんする外交など、内外ともに存在感の大きい総理大臣だった。病気とはいえ退陣されることは残念な思いでいっぱいだ。安倍総理大臣のこれまでの功績や考え方をみんなで引き継いでいきたい」と述べました。

萩生田文部科学相「後輩への指導を」

萩生田文部科学大臣は、NHKの取材に対し、「報道が事実だとすれば、これまで体調が悪い中でも業務を続けてこられたのに、ここにきて辞任されるのは非常に残念だ。まだお若いので、今後は体調に気をつけていただきながら後輩への指導をしっかりしてもらいたい」と述べました。

加藤厚労相「『体調万全で政治 その思いで判断』とうかがった」

加藤厚生労働大臣は、臨時閣議のあと、総理大臣官邸を出る際、記者団に対し、「安倍総理から『体調が万全な中で政治を担っていきたい。そういう思いで判断した』とうかがった」と述べました。

江藤農相「責任を果たしていく」

江藤農林水産大臣は、臨時閣議のあと、記者団に対して、「安倍総理大臣の辞任の決断は残念だ。日本の農業は大規模な農家だけで成り立つものではなく、規模の小さい農家も集まっている。規模にかかわらず、基盤を強化していく方針が、今の内閣では明確に示されてきた。新たな体制までは、総理大臣の重責を担っていくということなので、私も閣僚として、その責任をともに果たしていきたい」と述べました。

小泉環境相「大変残念だ」

安倍総理大臣が辞任する意向を表明したことについて、小泉環境大臣はきょう午後6時すぎ、記者団の取材に応じ、「大変残念だ。環境大臣としては、次の新しい体制がつくられるまで、一つ一つの仕事にしっかり集中して全力を尽くしたい」と述べました。
そのうえで、第二次安倍内閣について、「総理自身が再チャレンジを経験した人だったということが大事なことだと思う。一度、病で体調を崩しても、病と闘いながらもう一度、チャンスをつかんで長期政権を実現した。どのような体制になろうとも受け継ぐべきことだと思う」と話していました。
さらに、記者団から、安倍総理大臣の後任を選ぶ総裁選挙に立候補する意思があるか聞かれたのに対し、「仲間の支えが無ければスタート地点には立てない。政策論争をしっかりやって、全党員に選択の機会が与えられるのが望ましい」と述べ、みずからが立候補するかどうかについては明言しませんでした。

梶山経済産業相「残念な思いがする」

梶山経済産業大臣は、臨時閣議のあと経済産業省に戻り、記者団に対して「安倍総理大臣から辞職する旨のお話があった。特に経済産業行政に対して関心を持ち、折りに触れて指導をいただいていたので、非常に残念だと思っている。景気回復ということをまず第1にやってきて、コロナ禍のあとの日本の経済をしっかりと立て直すということを言っていただけに、残念な思いがする」と述べました。

河野防衛相「自分の仕事をまずしっかり」

河野防衛大臣は、午後4時すぎ、防衛省に入る際、記者団から、安倍総理大臣が辞任の意向を表明したことへの受け止めを問われたのに対し、「その前に日の丸を背負ってグアムに行くんだから、まず、あしただ。自分の仕事をまず、しっかりやらなければならない」と述べ、29日、アメリカのグアムで予定されるエスパー国防長官との会談に集中したいという考えを示しました。
一方、自民党総裁選挙への意欲を尋ねる質問に対しては、無言のまま何も答えませんでした。

竹本IT担当相「大変残念だ」

竹本IT担当大臣は、NHKの取材に対し、「驚いた。新型コロナウイルスの対策会議が終わったあとも元気だったので、まさか辞めるとは思わなかった。大変残念だ。アメリカのトランプ大統領との親しい関係もあるので、大統領選挙の結果を見るまでは続投して欲しかった」と述べました。

西村経済再生相「全く想像していなかった」

西村経済再生担当大臣は、NHKの取材に対し、「安倍総理大臣は、ここ数日、ふだんと変わらない様子で仕事にあたっていたので、全く想像していなかった。新型コロナウイルス対策については、安倍総理大臣からの指示も受け、きょうも今後の方向性を決めているので、政府として感染防止と社会経済活動の両立をしっかり図っていく」と述べました。

北村地方創生相「ゆっくりと休んでほしい」

北村地方創生担当大臣は、NHKの取材に対し、「きょう会ったときはふだんと変わらない様子だったので、辞任と聞いて驚いた。難病を抱えて、十分な休みも取れない中で大変だったと思う。これからは身体を大事にしてもらい、まずはゆっくりと休んでほしい」と述べました。

橋本五輪相「これからも指導を」

橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、臨時閣議に出席するため総理大臣官邸に入る際、記者団に対し、「報道で知って驚いた。体調を万全にしていただきたいと思う。これからどういう立場であっても指導をいただき、オリンピック・パラリンピックの開催に向けて準備をしていきたい」と述べました。

副大臣の1人

副大臣の1人は、NHKの取材に対し、「事前に全く聞いていなかったので、非常に驚いた。憲法改正や北方領土問題、北朝鮮による拉致問題などを、安倍総理大臣なら前に進められるのではないかと期待していただけに、非常に残念だ。少なくとも任期いっぱいは続けてほしかった」と述べました。そのうえで、「後任の総理大臣の選び方については、安倍総理大臣がいつまで続けられるかや、いつまでに選出しなければならないかにもよるのではないか」と述べました。

自民 二階幹事長「二の句を継げなかった」

自民党の二階幹事長は、記者団に対し「辞任は、私自身が十分納得できたわけではなく、残念に思っているが、体調の問題や、真面目で真摯(しんし)な意見をうかがい、二の句を継ぐことはできなかった。ただ、気持ちよく安倍総理大臣を支え、みんなで一致団結してやっていたというのは、自民党の歴史でも誇るべきことだ」と述べました。

そのうえで、後任については、「自民党は、人材が極めて豊富な政党なので、安倍総理大臣の実績を汚さないよう、やがてはそれを上回っていけるような人を選んでいきたい」と述べました。

自民 岸田政務調査会長「『ありがとう』ということばがあった」

自民党の岸田政務調査会長は、午後6時20分ごろ、総理大臣官邸に入り、安倍総理大臣と、およそ10分間、面会しました。岸田氏は、官邸を出る際、記者団に対し、「地方出張で臨時役員会に間に合わなかったおわびを兼ねて総理にごあいさつに上がった。こちらから、ご労苦に対して敬意と感謝を申し上げた。安倍総理から、『ありがとう』ということばがあった」と述べました。

自民 森山国対委員長「治療に専念という考えのようだった」

自民党の森山国会対策委員長は、党本部で記者団に対し、「安倍総理大臣は、病気の治療に専念したいという考えのようだった。次の総裁の決め方は、幹事長一任となったが、正式には来月1日に総務会を開いて決める。次の総裁は速やかに決めるべきだ」と述べました。

自民 稲田幹事長代行「正直、驚いている」

自民党の稲田幹事長代行は、NHKの取材に対し、「全く予想していなかった事態なので、正直、驚いている。まだ新型コロナウイルスが収束せず、先行きが見通せない状況で、安全保障環境も厳しい状況なので政治空白を作ってはいけない。安倍総理大臣には、政権を奪還してから8年近く、経済、安全保障、それに外交で日本の存在感を高めた意味からも、全身全霊で頑張ってこられたと敬意を表したい」と述べました。

自民 石破元幹事長「敬意表したい」

前回・おととしの自民党総裁選挙で安倍総理大臣と争った、自民党の石破元幹事長は、NHKの取材に対し、「長きにわたる在任期間に対し、敬意を表したい。8年前、安倍総理大臣とともに幹事長として政権を奪還した感激を改めて思い出している。今後のことについてはまだ何も決めていない」と述べました。

自民 石原元幹事長「さまざま判断されたのだろう」

自民党の石原元幹事長は、NHKの取材に対し、「新型コロナウイルス対応をこれから引き続き、行わなければならないこのタイミングで辞めることになるとは思わず、驚いている。長期政権を担ってきた中で、さまざま判断されたのだろう」と述べました。

自民 山崎拓元副総裁「断腸の思いではないか」

自民党の山崎拓・元副総裁は、NHKの取材に対し、「よもやという感じで驚きだ。本人は任期いっぱいまでやりたかったと思う。延期した来年の東京オリンピック・パラリンピックを待たずして辞めるのは断腸の思いではないか」と述べました。
また、安倍政権については、「一強支配が続き、一種の政治の安定期をもたらしたことは評価してもいい。ただ、政治の活性化、活力という意味では、国民の声なき声を代弁する機能が失われたマイナスの面もあった」と述べました。そのうえで、後任については、「国民から人気を得ているのは石破元幹事長であり、民意を尊重すべきだと思う。彼は気力、行動力、迫力、カリスマ性の点で、ほかの名前が挙がっている候補よりも一歩先んじている」と述べました。

自民 河村元官房長官「想定していなかった」

自民党の河村元官房長官は党本部で記者団に対し、「ああいう形で辞意を表明することは想定してなかった。安倍総理大臣みずからの判断なので、どうこう言うつもりはない。総理大臣として全力投球してきて、本当によく頑張ったと思う。心から敬意と感謝を申し上げたい」と述べました。

自民 中谷元防衛相「総理としても残念だろう」

自民党の中谷元防衛大臣は、党本部で記者団に対し、「新型コロナウイルス対策も景気対策も必要なこの時期に辞任することについては、安倍総理大臣としても残念だろうし、党としても責任感をもって継続して対応しなくてはいけない」と述べました。
そのうえで、安倍総理大臣の後任の総裁を選ぶ総裁選挙について、「党員が参加する総裁選挙をやって、理解と納得と共感が得られるような選び方にしてほしい。丁寧さが欠けると後でできた政権も続かない。丁寧な手続きでやるべきだ」と述べました。

自民 猪口元少子化担当相「人柄が出た決断」

自民党の猪口邦子・元少子化担当大臣は、NHKの取材に対し、「鋭く決断し、中途半端を潔しとしない、安倍総理大臣の人柄が出た決断だと思う。新型コロナウイルスへの対策が道半ばで、災害の脅威も見込まれるなか、政治が止まってはならない。空白を生じさせないよう、いまは自民党が一致団結する必要がある」と述べました。

自民 佐藤前外務副大臣「安全保障環境に大きな影響が…」

自民党の佐藤正久前外務副大臣は、NHKの取材に対し、「お元気そうに見え、大丈夫だと思っていたので、非常に驚いている。米中の対立など安全保障環境が変化し、ミサイル防衛体制や新たな抑止力の議論を始めているなかで、大きな影響が出るのではないか」と述べました。

自民党の閣僚経験者の1人

自民党の閣僚経験者の1人は、NHKの取材に対し、「とてもびっくりして、途方に暮れている。このところの安倍総理大臣は、持病との闘いだったのだろう。新型コロナウイルスへの対応もあり、空白を置くことはできないので、党内で対応を考えていきたい」と述べました。

立民 枝野代表「持病が原因 大変残念だ」

立憲民主党の枝野代表は、記者団に対し、「政治的な立場や意見は違うが、持病が原因での辞任は大変残念だ。療養に万全を尽くし、回復されることをお祈り申し上げる。新型コロナウイルスの影響で経済状況も深刻化しているので、与党には、政治的空白を少しでも短くするよう責任を持って取り組んでもらいたい」と述べました。

立民 安住国対委員長「今後は緊張感のある政治体制を」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、NHKの取材に対し、「安倍政権の7年半は、戦後史に残る長さで、株価が上昇し、雇用などがよくなったのは事実だ」と述べました。
一方で、安住氏は、「『1強』の状態になってけん制する力が失われ、森友学園や加計学園、それに『桜を見る会』の問題にみられるように、官僚が総理を見て、国民を見なくなり、政治に緊張がなくなったことが大きなマイナスだった。今後は、緊張感のある政治体制を作り、国の大きな課題を乗り越えていきたい」と述べました。

立民 逢坂政調会長「もっと早い判断があっても」

立憲民主党の逢坂政務調査会長は、札幌市内で記者団に対し、「率直に驚いている。療養に専念して、1日も早く健康を回復してほしい。きょう、辞意を表明しなければならないほど、体調が悪かったならば、国民の命と生活を考え、もっと早い判断があってもよかったのではないか」と述べました。
そのうえで、逢坂氏は、「安倍一強と言われる中、政治家も官僚も、忖度(そんたく)せざるをえない状況が生まれ、その結果、公文書の隠蔽や廃棄、改ざん、ねつ造というような、民主主義にあってはならないことも発生してしまった。野党として、しっかり大きな塊になって、緊張感のある政治情勢を作らなければいけない」と述べました。

国民 玉木代表「今後の体制注視したい」

国民民主党の玉木代表は、記者団に対し、「大変驚いている。職を辞さなければならないほど体調が悪化していたということであれば、治療に専念していただきたい。一方で、新型コロナウイルス対策などで国政は継続されなければならず、後継の総理大臣が誰になるかなど、今後の体制を注視したい」と述べました。

国民 小沢一郎衆議院議員「国の倫理観や道徳心を破壊した」

国民民主党の小沢一郎衆議院議員は、「安倍政権では、森友学園や加計学園、それに『桜を見る会』の問題などに象徴されるように、隠蔽や公文書の改ざん、それに虚偽答弁があたり前のことになってしまった。最大の問題は、国の倫理観や道徳心を破壊したことであり、政権交代で1日も早く国民の命とくらしを第1に考える政権を作らなければならない」というコメントを出しました。

公明 山口代表「“体調芳しくない”と話があった」

安倍総理大臣と国会内で会談したあと、公明党の山口代表は記者団に対し、「安倍総理大臣から辞任の意向を伝えられた。理由として安倍総理大臣は、『体調が芳しくなく、今後の政権運営を考えた時に辞めるなら今だと判断した。これまで大変お世話になりました』と話があった。私からは、『長きにわたり、大変お疲れさまでした。支えきれないこともあったと思うが、今後とも与党として一緒に頑張っていきたい。これから体をいたわって健康回復してほしい』と伝えた」と述べました。

維新 松井代表「まずは健康を取り戻してほしい」

日本維新の会の松井代表は大阪市役所で記者団に対し、「辞任には本当にびっくりした。われわれは野党であり、選挙では争ったが、少しでも国民サービスを拡充するという点では全力で協力しあい、前に進めることができた。大阪への万博やG20の誘致、成長インフラなど、僕自身、ありとあらゆる形で安倍総理大臣と協議しながら進めることができ、感謝している。辞任されたあとの人生を楽しんでいただきたいので、まずは健康を取り戻してほしい」と述べました。

維新 鈴木宗男参議院議員「7年8か月は歴史に名を刻む」

かつて自民党にも所属していた日本維新の会の鈴木宗男参議院議員は、「驚いた。アメリカのトランプ大統領、ロシアのプーチン大統領といった大国の首脳とも五分の外交を展開した7年8か月は歴史に名を刻むものだ。北方領土問題の解決と日ロ平和友好条約の締結は安倍総理大臣に実現してもらいたかった」と述べました。

共産 志位委員長「速やかに臨時国会を」

共産党の志位委員長は、記者会見で「病気が理由では、辞任はやむをえず、じっくり治療し回復されることを願っている。国政は一刻の空白や遅滞も許されず、速やかに臨時国会を開いて後継者を指名し、十分な審議を行うことを強く求めたい。1つの激動的な時代が始まったと受け止めており、野党は、解散総選挙がいつあっても対応できる構えを作るべきだ。今後も自民党政治の抜本的な転換を求めたい」と述べました。

共産 小池書記局長「政府・与党には責任ある対応を」

共産党の小池書記局長は、NHKの取材に対し、「新型コロナウイルスは、深刻な事態となっている。報道が事実で、辞任するのであれば、政府・与党には、国政に停滞をもたらすことがないよう責任ある対応を強く求めたい」と述べました。

社民 福島党首「最後に説明責任果たすべき」

社民党の福島党首は、記者団に対し、「体調が回復するよう心からお見舞いを申し上げるが、安倍総理大臣は、河井夫妻による選挙違反事件の問題などで最後に説明責任を果たすべきだ。そのうえで、これまでの政治を変えなければならず、速やかに衆議院の解散・総選挙で民意を問うべきだ」と述べました。

岡田元副総理「野党の力を示していく必要がある」

岡田元副総理は、三重県川越町で記者会見し、「総理大臣は本当に重責なので、それを長期間務めることは人間の限界に挑むようなものだ。ぜひ、体力の回復に努めてもらいたい」と述べました。
そのうえで、「新しい総理大臣が決まれば、今までとは全然違った状況になり、国会も開催されると思う。堂々の国会論戦を行いながら野党の力を示していく必要がある」と述べました。

村山元首相「治療に専念を」

安倍総理大臣の辞任の意向について、現在、96歳の村山富市元総理大臣は、「安倍総理の突然の辞任に驚いている。国のトップである総理は、心身ともに激務で、体調が万全でないと続けられない。辞任が病気による体調不良ということなので、治療に専念してほしい」とコメントしています。