香港 民主活動家 台湾に船で渡ろうとして中国当局に拘束か

香港 民主活動家 台湾に船で渡ろうとして中国当局に拘束か
香港の複数のメディアは、香港国家安全維持法に違反した疑いで今月10日に逮捕され、その後、保釈されていた民主活動家の男性が台湾に船で渡ろうとして中国当局に拘束されたと伝えました。
中国南部・広東省の海警局は、広東省の沖合の中国が管轄する水域に違法に入った疑いで、今月23日にスピードボート1隻を拿捕(だほ)し、乗っていた10数人を拘束したと発表しました。

これについて、香港の複数のメディアは、このうちの1人が民主活動家の李宇軒氏で、台湾に密航する途中だったと伝えました。

李氏は今月10日、民主活動家の周庭氏や中国に批判的な論調で知られる新聞の創業者の黎智英氏らとともに外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えたとして、香港国家安全維持法に違反した疑いで逮捕され、その後、保釈されていました。

香港メディアによりますと、船には李氏のほかに、香港での抗議活動に関連して爆発物を製造した疑いが持たれていた若者ら11人が乗っていたということです。

いずれも中国本土で取り調べを受けているものとみられますが、27日、記者会見した香港警察のトップ、※トウ炳強局長は「中国側から情報収集を行っているところだ」と述べるにとどまり、今後、どのような手続きが行われるのか詳しいことは明らかになっていません。

※「トウ」は「登」に右が「おおざと」