防衛相 米 宇宙軍の作戦部長と会談「宇宙分野も緊密に連携を」

防衛相 米 宇宙軍の作戦部長と会談「宇宙分野も緊密に連携を」
河野防衛大臣は、アメリカで去年創設された宇宙軍の作戦部長と会談し、宇宙分野でも日米が安全保障上の役割を果たしていくため、自衛隊に発足した「宇宙作戦隊」と緊密に連携していくことを確認しました。
自衛隊は、ことし5月、宇宙領域の専門部隊となる「宇宙作戦隊」を発足させ、人工衛星や宇宙ごみなどを監視する任務などを通じて、宇宙分野での防衛能力を強化することにしています。

こうした中、河野防衛大臣は、アメリカで去年創設された宇宙軍のレイモンド作戦部長と東京都内で会談しました。

このなかで、河野大臣は「日本も宇宙作戦隊を発足させ、SSA=宇宙状況監視について取り組むことにしており、アメリカ宇宙軍の情報協力を期待している。宇宙空間のさまざまな脅威に対処するため、日米間で協力しないといけない」と述べました。

これに対し、レイモンド作戦部長は「喜んで協力したい。宇宙状況監視をはじめとした分野で、日本の宇宙作戦隊と連携していくことを期待している。友好国や同盟国間の協力が、宇宙空間では非常に重要になってくる。そういう国の間でルールづくりをしていくのが重要だ」と応じました。