国内最高齢110歳の男性が死去 茨城

国内最高齢110歳の男性が死去 茨城
国内最高齢の男性だった茨城県下妻市の110歳の男性が、老衰のため亡くなりました。
亡くなったのは、茨城県下妻市の福西基さん、110歳で、親族や県によりますと、今月22日に老衰のため入院先の病院で亡くなったということです。

福西さんは明治43年に現在の下妻市で生まれ、小中学校の教員として長年働き、105歳まで市内の幼稚園で園長をしていたということです。

今月11日から男性としては国内最高齢になっていました。

福西さんの娘の夫の浅野房雄さんは、「甘い食べ物が好きで、5月ごろまでは好物のおまんじゅうを笑顔でほおばる姿が印象的でした」と話していました。

厚生労働省によりますと、これで国内最高齢の男性は、奈良市の上田幹藏さん(110)となりました。