38度超の危険な暑さ あすにかけ非常に激しい雨も

38度超の危険な暑さ あすにかけ非常に激しい雨も
k10012584041_202008261222_202008261231.mp4
26日も日本海側を中心に気温が上がり、38度以上と危険な暑さとなりました。熱中症への警戒を続けてください。
一方、西日本や東日本の太平洋側を中心に台風8号の影響で、27日にかけて、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、警戒が必要です。
気象庁によりますと、26日は北日本や東日本を中心に晴れ、さらに台風8号の影響で南よりの暖かい風が流れ込んだため、日本海側などで気温が上がりました。

日中の最高気温は、
▽鳥取県米子市で38.2度、
▽香川県三豊市財田で38度ちょうどと
危険な暑さとなりました。
また、
▽兵庫県豊岡市で37.6度、
▽島根県益田市で37.5度、
▽大阪市で37度ちょうど、
▽名古屋市で36.5度、
▽福岡県糸島市で36.1度、
▽甲府市で36点ちょうどなどと、
広い範囲で猛暑日となりました。

27日も西日本から東北の各地で猛暑日となり、新潟県長岡市と兵庫県豊岡市、鳥取市、松江市などで最高気温が37度と予想されています。

こまめな水分補給や適切な冷房の使用など、高齢者を中心に十分な対策を取り、熱中症への警戒を続けてください。

一方、韓国のチェジュ(済州)島の西の海上を北上している、非常に強い台風8号の影響で、暖かく湿った空気が流れ込み、この時間は、近畿や九州などで雨雲が発達し、激しい雨が降っているところがあります。

西日本と東日本の太平洋側や、沖縄地方では、27日にかけて雷を伴って激しい雨が降り、局地的には、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

27日夕方までの24時間に降る雨の量は、
いずれも多いところで、
▽九州北部と南部で150ミリ、
▽四国と沖縄地方で120ミリ、
▽東海で100ミリ、
▽関東甲信で80ミリと予想されています。

気象庁は、土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水にも十分注意するよう呼びかけています。

また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。