合流新党 代表は投票で 声相次ぐ 候補者擁立の動き活発化か

合流新党 代表は投票で 声相次ぐ 候補者擁立の動き活発化か
k10012583921_202008260512_202008260517.mp4
立憲民主党と国民民主党などの、合流新党の結党に伴う、代表選挙について、新しい党の顔は投票を通じて選ぶべきだという声が相次いでいることから、今後、候補者の擁立を模索する動きが活発化することも予想されます。
国民民主党などとの合流新党の結成で基本合意したことを受けて、立憲民主党の枝野代表は、25日、合流に加わる無所属議員のグループを率いる野田・前総理大臣や岡田・元副総理、それに、無所属の中村喜四郎・元建設大臣らと個別に会談し、新党の運営にあたって協力を求めました。合流新党をめぐっては、結党前に代表選挙が行われることから、枝野氏による相次ぐベテラン議員との会談は、みずからの立候補を見据え支持の拡大を図る狙いがあるという見方が出ています。

枝野氏との会談のあと野田氏は「枝野氏には、一般論として『新党の代表選挙は行ったほうがいい』と伝えた」と述べたほか、岡田氏も、「新しい党の門出なので、選挙をやったほうがいい」と述べました。新党の代表選挙については、両氏に加え、合流に参加する議員から、「新しい党の顔は投票を通じて選ぶのが望ましく無投票は避けるべきだ」という声が相次いでいることから、今後、国民民主党内や、無所属議員のグループなどから候補者の擁立を模索する動きが活発化することも予想されます。