立民 枝野代表 野田前首相らと会談 合流新党運営で協力求める

立民 枝野代表 野田前首相らと会談 合流新党運営で協力求める
国民民主党などと合流新党の結成で基本合意したことを受けて、立憲民主党の枝野代表は、合流に加わる無所属議員のグループを率いる野田前総理大臣や岡田元副総理らと個別に会談し、新党の運営にあたって協力を求めました。
立憲民主党と国民民主党、それに野田前総理大臣と岡田元副総理をそれぞれ中心とする2つの無所属議員のグループは24日、合流新党を結成することで基本合意しました。

これを受けて立憲民主党の枝野代表は、野田氏や岡田氏、それに合流協議で調整役を担った国民民主党の小沢一郎衆議院議員らと個別に会談し、これまでの支援に謝意を示すとともに、新党の運営にあたって協力を求めました。

会談のあと野田氏は記者団に対し「『多弱』の克服が今の日本の政治に不可欠で、ようやくスタートラインに立てる。枝野氏には一般論として『新党の代表選挙は行ったほうがいい』と伝え、枝野氏からも『そうしたほうがいい』という言及があった」と述べました。

無所属の中村喜四郎元建設大臣は枝野氏と会談したあと記者団に対し「大きなかたまりができて喜ばしく、汗をかいてやっていくと伝えた」と述べ、合流新党に参加する意向を明らかにしました。