沖縄出身のGACKTさん 全焼の首里城再建へ 県に寄付

沖縄出身のGACKTさん 全焼の首里城再建へ 県に寄付
k10012583191_202008251828_202008251831.mp4
沖縄出身のミュージシャンで俳優のGACKTさんが、主要な建物が全焼した首里城の再建の支援金として、およそ470万円を沖縄県に寄付しました。
GACKTさんは25日午後、寄付金を贈るために沖縄県庁を訪れました。

寄付金には、去年首里城で起きた火災を受けて、GACKTさんが再建に役立ててほしいとライブツアーで販売したグッズの収益があてられているということです。

GACKTさんは「僕のファンも多く協力してくれました。これは沖縄を愛してくれているファンと僕からの気持ちです」と述べ、およそ470万円の寄付金の目録を手渡しました。

これに対し沖縄県土木建築部の上原国定部長は「寄付をいただきありがとうございます。しっかりと首里城の復旧・復興に役立ててまいります」と感謝のことばを述べました。

過去には首里城でNHKドラマ撮影も

GACKTさんは9年前にNHKのドラマ「テンペスト」に出演した際、首里城で撮影を行ったことを振り返り「通常は入れないところまで入って撮影させていただき、非常に思い入れが深いです。僕だけでなく沖縄の方たちにとって大切な自分たちの象徴がこのような形でなくなってしまい、非常に悲しい思いをされている方もいると思いますが、少しでも役に立てたらという思いです」と話していました。