厳しい残暑続く見通し 気象庁発表 3か月予報

厳しい残暑続く見通し 気象庁発表 3か月予報
厳しい残暑が続く見通しです。気象庁が発表した9月からの3か月予報によりますと、気温が東日本と西日本、沖縄・奄美で平年より高いと予想されています。降水量も太平洋側で平年並みか多くなる見通しで、引き続き熱中症や大雨に十分な注意が必要です。

9月 全国で厳しい残暑

気象庁によりますと、9月の気温は北日本と東日本、西日本、それに沖縄・奄美と、全国的に平年より高いと予想され厳しい残暑となる見込みです。引き続き熱中症に十分な注意が必要です。

10月 東~西日本気温高

10月は北日本で平年並みか高く、東日本と西日本、それに沖縄・奄美では引き続き平年より高いと予想されています。

11月 ほぼ平年並み

11月は北日本と東日本、それに西日本で平年並みで、沖縄・奄美では平年並みか高いと予想されています。

9月10月 降水量多いか

9月と10月の降水量は、南からの湿った空気の影響を受けやすい東日本と西日本の太平洋側で、平年並みか多いと予想されていて、大雨に十分な注意が必要です。

ラニーニャ発生の可能性も

一方、南米・ペルー沖の赤道付近の東太平洋では、海面水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」が発生している可能性が高くなっています。この現象が起きると日本では、平年に比べて秋の初めごろは気温が高く、冬は低くなる傾向があり、今後の気象情報に注意が必要です。