オリンパス 国内外で販売 4150台の内視鏡を自主回収と発表

オリンパス 国内外で販売 4150台の内視鏡を自主回収と発表
精密機器メーカーのオリンパスは、国内外で販売したおよそ4150台の内視鏡について、ほかの内視鏡と比べて感染症のリスクが高まるおそれがあるなどとして、自主的に回収すると発表しました。
発表によりますと、オリンパスが回収する内視鏡は気管や肺などを診断する「BFTYPEQ180」およそ3900台と、胆道を診断する「CHFTYPECB30S」およそ250台の合わせておよそ4150台です。

このうち、気管や肺などを診断する内視鏡は、去年3月までの14年間にわたって海外の医療機関に販売されましたが、ほかの内視鏡と比べて洗浄したあとに残る、菌の量が多く感染症のリスクが高まるおそれがあるということです。

また、胆道を診断する内視鏡は、ことし3月までの22年間にわたって海外だけでなく国内の医療機関に販売され、検査中に内視鏡の部品が患者の体内に残ったケースも報告されているということです。

いずれの内視鏡もすでに生産と販売を終了し、会社はこれらを所有する可能性のある医療機関に通知して回収を進めるとしています。

オリンパスは「医療関係者や患者にご心配とご迷惑をおかけすることを深くおわび申し上げます」としています。