群馬県 豚670頭盗まれる ほとんどは子豚

群馬県 豚670頭盗まれる ほとんどは子豚
豚の飼育が盛んな群馬県で7月以降、子豚を中心に、およそ670頭が養豚場から盗まれていたことが、警察などへの取材でわかりました。
警察によりますと、7月上旬から前橋市や伊勢崎市などの養豚場で飼育されている豚が相次いで盗まれ、これまでに7件、合わせておよそ670頭の被害が確認されています。

群馬県養豚協会によりますと、被害のほとんどは子豚で、夜間にユニット型と呼ばれる簡易的な飼育施設から盗まれるケースが多いということです。

協会などは、県内の養豚場に文書を送るなどして注意を呼びかけています。

また、群馬県内では子牛が盗まれる被害も出ています。

館林市と邑楽町で、子牛それぞれ1頭が盗まれたということです。

館林市に隣接する栃木県足利市でも、ことし6月以降、子牛が盗まれる被害が相次いでいて、警察は関連がないかどうか調べることにしています。