武田薬品 アリナミンなど一般消費者向け事業の子会社を売却

武田薬品 アリナミンなど一般消費者向け事業の子会社を売却
武田薬品工業は、ビタミン剤の「アリナミン」など一般消費者向けの事業を手がける子会社を、アメリカの投資ファンドに2400億円余りで売却すると発表しました。今後、収益性の高い医療機関向けの事業に経営資源を集中させる方針です。
発表によりますと、武田薬品工業はビタミン剤のアリナミンや、かぜ薬など一般消費者向けの事業を手がける子会社の「武田コンシューマーヘルスケア」を、アメリカの投資ファンド「ブラックストーン・グループ」に2400億円余りで売却することで合意しました。

武田薬品は去年、アイルランドの製薬大手「シャイアー」を、日本企業による海外企業の買収としては過去最大となる6兆円余りで買収しましたが、買収に伴って膨らんでいる4兆円余りの有利子負債の圧縮が課題となっています。

このため会社では、国内の人口減少などで、大きな成長が見込めない一般の消費者向けの事業の売却を通じて、財務体質の改善をはかりたい考えです。

そのうえで今後は、抗がん剤や消化器系の病気の治療薬の開発など、収益性の高い医療機関向けの事業に経営資源を集中させる方針です。

武田薬品 社長「売却はベストな選択」

今回の売却についてオンラインで記者会見を行った武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は「われわれとしては、医療機関向けの事業に注力しているため、一般消費者向けの事業に多額の投資を行うことは難しくなっていた。ブラックストーンは、ヘルスケアの分野への投資実績が豊富なので、今回の売却は子会社の従業員たちにとってもベストな選択だ」と述べました。

ブラックストーン・グループ「会社の更なる成長に貢献」

ブラックストーン・グループは「日本人の生活・健康に深く根ざしてきた歴史ある製品をもつ『武田コンシューマーヘルスケア』との協力関係の成立を非常に光栄に思っている。われわれの国内外のネットワークや知見を最大限活用し、積極的なアジア展開を進めるなど、会社の更なる成長に貢献できると確信している」というコメントを出しました。