台風8号 24日に沖縄本島や奄美に接近見通し 暴風や大雨に警戒

台風8号 24日に沖縄本島や奄美に接近見通し 暴風や大雨に警戒
k10012579381_202008232101_202008232102.mp4
台風8号は、沖縄県の久米島の西の海上を北東へ進んでいます。台風は今後強い勢力に発達し、24日、沖縄本島地方や奄美地方に接近する見通しで、暴風や高波、大雨に警戒が必要です。25日以降は九州の西を北上する見込みで今後の情報に注意してください。
気象庁の発表によりますと、台風8号は、24日午前0時には沖縄県の久米島の西の海上を暴風域を伴いながら1時間に15キロの速さで北東へ進んでいるものとみられます。

中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル、中心から半径75キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
台風の接近に伴い、沖縄本島地方などでは風や雨が強まっています。

久米島空港では23日午後2時に、29.3メートルの最大瞬間風速を観測しました。

23日午後5時までの1時間には、国が読谷村に設置した雨量計で30ミリの激しい雨を観測しました。

また、23日正午前までの1時間には宮古島市城辺で65.5ミリの非常に激しい雨が降りました。

台風は今後、発達して強い勢力となり、
▽沖縄本島地方には24日の明け方から昼前にかけて、
▽奄美地方には、24日の昼前から昼すぎにかけて最も近づく見通しで、
気象庁は暴風や高波のほか、大雨に警戒するよう呼びかけています。

台風はその後、進路を北へ変え、25日以降、暴風域を伴ったまま九州の西の海上を進む見込みです。

進路にあたる地域では今後の台風情報に注意してください。

沖縄本島の漁港で台風の接近に備え

沖縄本島の南部、糸満市の漁港では、漁業者が台風の接近に備えています。

糸満市の漁港では23日午前、漁業者たちが港に停泊した漁船が台風による高波で流されないようロープで固定する作業を行っていました。

37歳の漁業者の男性は「台風が来ないに越したことはないが、当日になってからでは台風の対策は手がつけられない。その前にできる時に万全を期しておくというのが漁師の基本です」と話していました。