小学校5・6年生の英語・理科・算数「教科担任制」導入案

小学校5・6年生の英語・理科・算数「教科担任制」導入案
文部科学省の審議会は、2022年度をめどに小学校5年生と6年生の授業に、中学校のような「教科担任制」を本格的に導入する案をまとめました。対象とすべき教科の例として英語と理科と算数をあげています。
文部科学省の中教審=中央教育審議会の特別部会は、新たな時代を見据えた小中学校や高校の在り方について骨子案をまとめました。

この中では、現在は主に学級の担任が1人でほとんどの教科を教えている小学校について、学習が高度化する5年生、6年生の授業は、中学校のように教科ごとに専門の教員が指導する「教科担任制」を、2022年度をめどに本格的に導入するよう求めています。

対象とすべき教科の例として、理科と算数、それに今年度から高学年で教科化された外国語の英語をあげています。

専門の教員が指導することで、子どもたちの理解や学びを深め中学校での学習につなげやすくなり、教員1人当たりの授業時間の削減や準備の効率化により負担を軽減できるとしています。

骨子案では、導入にあたって専門性のある人材の確保や、必要な教員定数の確保に向けた検討を具体化する必要があると指摘しています。

小学校では、英語の教科化に加えプログラミング教育の必修化など教員の専門性が求められるようになっていて、一部の学校で教科担任制の導入が始まっています。