グレタさん 独メルケル首相と会談 温暖化対策強化を呼びかけ

グレタさん 独メルケル首相と会談 温暖化対策強化を呼びかけ
スウェーデンの17歳の環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんがドイツのメルケル首相と会談し、「気候変動を危機として捉えてほしい」と述べて、対策の強化を呼びかけました。
グレタさんは20日、地球温暖化対策を訴える運動、「未来のための金曜日」の代表3人とともに、ドイツのベルリンでメルケル首相と1時間半にわたり会談しました。

ドイツ政府の発表によりますと、会談では2050年には温室効果ガスの排出を実質ゼロにするというEU=ヨーロッパ連合の目標やそれに向けた取り組みなどについて意見を交わし、先進国には温暖化の解決に向けて特別な責任があるという認識で一致したということです。

会談後、記者会見をしたグレタさんは、メルケル首相が親切で友好的だったとしながらも温暖化対策を進める大きな責任があると指摘しました。そして、「指導者は責任を果たし、気候変動を危機として捉えてほしい。居心地のよい場所から踏み出す勇気を持ってほしい」と述べて、対策の強化を呼びかけました。

グレタさんをきっかけに始まった「未来のための金曜日」は若者を中心に世界的に支持が広がりましたが、新型コロナウイルスの影響で活動の勢いは鈍っています。来月25日にはウイルスの感染が拡大してから初めてとなる世界規模での行動を計画していて温暖化対策への機運を再び高めたいとしています。