国際

米 カリフォルニア州で山火事 5人死亡 6万人以上が避難

アメリカ西部・カリフォルニア州では、厳しい熱波の影響で大規模な山火事が相次いでいます。地元メディアによりますと、これまでに少なくとも5人が死亡し、6万人以上の住民が避難を余儀なくされているということです。
カリフォルニア州では厳しい熱波と乾燥などの影響で7月末以降、山火事が相次いで発生していて、地元メディアによりますと、これまでに州北部や中部を中心に合わせておよそ25万ヘクタールが焼けたということです。

この影響でこれまでに少なくとも住民など5人が死亡し、6万人以上が避難を余儀なくされているということです。

現地の車の中から撮影された映像では、煙で視界が悪く、左右から火が迫る中を車が走り抜ける様子が確認できます。

カリフォルニア州のニューサム知事は、18日、州全域を対象に非常事態宣言を出して対策にあたっていますが、消防当局によりますと、20日の時点で、合わせて26か所が炎上していて、強風や熱波などの影響で消火活動は難航しているということです。

一方、カリフォルニア州は新型コロナウイルスの感染者の累計がアメリカ国内で最も多く、多くの人が集まる避難所で感染が拡大することへの懸念も強まっています。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。