忍者博物館で100万円超入った金庫が消える

忍者博物館で100万円超入った金庫が消える
k10012575521_202008201652_202008201658.mp4
忍者の里として知られる三重県伊賀市の「伊賀流忍者博物館」で売上金など、少なくとも100万円以上が入った金庫がなくなっていたことが分かり、警察が窃盗事件として捜査しています。
三重県伊賀市にある伊賀流忍者博物館や警察によりますと、今月17日の午前1時半ごろ、博物館の警報装置が鳴っていると、警備会社から警察に通報がありました。

調べたところ、事務所の玄関のドアがバールのようなものでこじあけられ、中にあった高さおよそ50センチ、重さ150キロ余りある金庫がなくなっていました。

金庫には、グッズの売上金や入館料など、少なくとも100万円以上が入っていたということです。
また、事務所の入り口付近をうつしている防犯カメラには、建物の近くに車が止まり、中から降りてきた人物が、カメラの向きを変えている様子が記録されていたということです。

博物館は被害届を提出し、警察が窃盗事件として防犯カメラの映像を詳しく分析するなど捜査を進めています。

伊賀流忍者博物館の館長は「お盆の間の入館料が被害にあってしまいました。新型コロナウイルスの影響から回復しつつあったので落胆しています」と話していました。