藤井聡太棋聖 最年少「二冠」かけた第4局 2日目始まる

藤井聡太棋聖 最年少「二冠」かけた第4局 2日目始まる
将棋の藤井聡太棋聖が2つ目のタイトル獲得をかけて挑む「王位戦」七番勝負の第4局が20日、福岡市で2日目を迎え、藤井棋聖の「封じ手」から対局が再開されました。
藤井棋聖がこの対局に勝てば、4連勝で「王位」のタイトルを獲得し、史上最年少で「二冠」を達成することになります。
先月、八大タイトルの1つ「棋聖戦」を制して史上最年少でタイトルを獲得した藤井聡太棋聖(18)は、「王位戦」の七番勝負で木村一基王位(47)を相手にここまで3連勝してタイトル獲得まであと1勝に迫り、19日から福岡市で第4局に臨んでいます。

2日目の20日は、19日の対局終了時に後手の藤井棋聖が封筒に入れた次の一手の「封じ手」が午前9時に開封されて、対局が再開されました。

対局は20日午後、勝敗が決まる見通しで、藤井棋聖はこの対局に勝てば、4連勝で「王位」を獲得して史上最年少で「二冠」を達成し、同時に決まる「八段昇段」の最年少記録も更新することになります。

一方、粘り強い受けが持ち味の木村王位は角番に立たされ、初めてのタイトル防衛に向けて負けられない戦いとなります。