北朝鮮 最高指導機関と位置づける党大会を来年1月に開催決定

北朝鮮 最高指導機関と位置づける党大会を来年1月に開催決定
北朝鮮は、新型コロナウイルスの影響で経済成長の目標を達成できなかったとしたうえで、経済の立て直しを図るため、最高指導機関と位置づける党大会を来年1月に開催することを決めました。
20日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、党の中央委員会総会が19日に開催され、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が演説したと伝えました。

演説でキム委員長は、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、「ことしに入り、予想できなかった挑戦に直面した」と述べました。

また、総会で発表された決定書では、「厳しい内外の情勢が続き、経済成長の目標には遠く及ばず、人民の生活は向上していない」としていて、新型コロナウイルスの影響で、経済が打撃を受けたと認めています。

そのうえで、経済の立て直しを図るため、最高指導機関と位置づける党大会を来年1月に開催することを決めました。

党大会が開催されるのは2016年5月以来です。

キム委員長は、来年1月の党大会では経済建設のための新たな5か年計画を示すと述べていて、今後、経済の立て直しを急ぎながら、体制の引き締めを図るものとみられます。

また、党大会で、核ミサイル開発やアメリカとの関係についてどのような方針を示すのかも焦点となります。