20日は東北でも危険な暑さのおそれ 熱中症に厳重警戒

20日は東北でも危険な暑さのおそれ 熱中症に厳重警戒
19日はほぼ全国的に気温が上がって広い範囲で30度以上の真夏日となり、西日本では39度近い、危険な暑さとなりました。20日は、東北でも危険な暑さになるおそれがあり、熱中症への厳重な警戒が必要です。
気象庁によりますと、19日は高気圧の勢力が広がり、北海道から沖縄にかけての広い範囲で真夏日になりました。

日中の最高気温は、
▽大分県豊後大野市の犬飼と、宮崎県えびの市の加久藤で38.7度、
▽大分県日田市で38.6度、
▽京都市で38.3度と、西日本で危険な暑さとなりました。

また、
▽記録的な豪雨の被害を受けた熊本県人吉市で37.8度と統計を取り始めてから最も高い記録に並んだほか、
▽名古屋市で36.6度、
▽東京 八王子市で35.5度、
▽福島市で35.4度と猛暑日になり、
▽北海道東部の津別町や足寄町では、34.6度まで上がりました。

20日は、東日本や東北を中心にさらに気温が上がり、
▽京都市で39度、
▽大阪市、甲府市、福島市、大分県日田市で38度、
▽名古屋市、岡山市、福井市、前橋市で37度、
▽福岡市、広島市、山形市で36度、
▽東京の都心で35度と予想されています。

連日の暑さで、熱中症の疑いで病院に搬送される人が急増し、高齢者を中心に亡くなる人が相次いでいます。

こまめな水分補給や休憩、室内での冷房の使用、屋外ではできるだけ日ざしを避けるなどの対策を取り、熱中症に厳重に警戒してください。

特に、高齢者は本人が気付かないうちに症状が悪化することがあります。

冷房や扇風機など、屋内での対策がとられているか、周囲の人が声をかけるようにしてください。