都内 熱中症で50代~90代の男女24人が死亡 今月100人超える

都内 熱中症で50代~90代の男女24人が死亡 今月100人超える
東京都内では、熱中症で新たに24人が死亡していたことが分かりました。今月に入って都内で熱中症で亡くなった人は100人を超えました。
東京都監察医務院によりますと、都内では今月14日から17日までの4日間に、50代から90代の男女24人が熱中症で死亡したということです。

年齢別では80代が最も多く10人、70代が9人で、70代以上が、およそ8割を占めています。

24人のうち7人は夜間に亡くなっていました。

また、22人は屋内で亡くなっていて、このうち19人はエアコンを使用していなかったということです。

今月に入って東京都内で熱中症で死亡した人は、合わせて103人に上っています。

引き続き、夜間でも冷房を適切に利用し、こまめに水分を補給するなど熱中症への対策が必要です。