19日も広い範囲で猛烈な暑さに 熱中症に厳重な警戒を

19日も広い範囲で猛烈な暑さに 熱中症に厳重な警戒を
18日も西日本を中心に気温が上がり、九州や四国では40度に迫ったほか、記録的な豪雨の被災地でも危険な暑さとなりました。19日は東北から九州にかけての広い範囲で猛烈な暑さとなる見込みで、引き続き、熱中症に厳重な警戒が必要です。
気象庁によりますと、高気圧の中心は18日は九州の西に停滞し、九州から関東にかけての広い範囲で35度以上の猛烈な暑さとなりました。

日中の最高気温は
高知県四万十市西土佐と宮崎県都城市で39.4度と危険な暑さとなったほか、大分県佐伯市蒲江で38.3度など、九州と四国の19の観測点で統計を取り始めてから最も高い気温を更新したり、記録に並んだりしました。

記録的な豪雨の被災地でも気温が上がり、大分県日田市で38.1度、熊本県人吉市で37度ちょうどを観測しました。

19日朝にかけても気温が25度を下回らない熱帯夜となるところが多く、日中は東北から九州にかけての広い範囲で猛暑日となる見込みです。

最高気温は
▽大分県日田市で39度
▽熊本県人吉市や京都市、山口市で38度
▽大阪市や鹿児島市、岡山市、甲府市で37度
▽広島市や岐阜市、福島市で36度
▽名古屋市や福岡市、松山市で35度などと予想されています。

連日の暑さで、熱中症の疑いで病院に搬送される人が急増し、亡くなる人も相次いでいます。

気温の高い状態は東日本と西日本では今月21日ごろにかけて、東北では今月20日にかけて続く見込みです。

こまめな水分補給や休憩、室内での冷房の使用、屋外ではできるだけ日ざしを避けるなどの対策を取り、引き続き、熱中症に厳重に警戒してください。

特に、高齢者は本人が気付かないうちに症状が悪化することがあります。

冷房や扇風機など、屋内での対策がとられているか、周囲の人が声をかけるようにしてください。