米 CIA元工作員を逮捕 中国に機密情報を売り渡した疑い

米 CIA元工作員を逮捕 中国に機密情報を売り渡した疑い
アメリカ司法省は、CIA=中央情報局の元工作員が中国の情報機関に機密情報を売り渡していたとしてスパイの容疑で逮捕したと発表しました。

アメリカ司法省は17日声明を発表し、ハワイ在住で67歳の中国系アメリカ人の男をスパイ容疑で逮捕したと明らかにしました。

司法省によりますと、男は1980年代にCIAで東アジア担当の工作員でしたが、CIAを辞めた後の2001年に香港で中国の情報機関と接触し、高度な機密情報を大量に売り渡した疑いがもたれているということです。

男は2004年からFBI=連邦捜査局で仕事をしていましたが、そこで得た機密情報も中国側に渡していたとされています。

中国側に渡った情報はCIAの暗号や工作員の情報、それに海外での工作活動の状況などとされていて、司法省は声明で「同僚と国家、そして自由民主主義の価値観を裏切った」と批判したうえで「裏切り者は必ず、見つけ出し裁きにかける」と警告しています。

アメリカの司法当局は、中国国内にいたCIAの多数の協力者が2010年ごろから中国政府によって拘束、もしくは処刑されたことから、近年、アメリカの情報機関の元職員を対象にしたスパイの取り締りに全力を挙げていて、去年はCIAの元職員2人にそれぞれ禁錮20年と19年の判決が言い渡されています。