珍しい“右向き” ヒラメが水揚げ 突然変異か 北海道 豊浦町

珍しい“右向き” ヒラメが水揚げ 突然変異か 北海道 豊浦町
k10012571301_202008180945_202008180945.mp4
北海道豊浦町の沖合で「右向き」の珍しいヒラメが水揚げされ、水産試験場は突然変異で生まれたのではないかとみています。
「右向き」のヒラメは17日、豊浦町の沖合で行われた定置網漁で水揚げされました。

「左ヒラメに右カレイ」と呼ばれるように、腹びれを下にしたときに、顔が左にくるのがヒラメ、右にくるのがカレイという見分け方がありますが、室蘭市にある栽培水産試験場が写真や動画を確認した結果、歯や体の特徴から「右向き」のヒラメだったことが分かりました。
水産試験場によりますと、稚魚を養殖して海に放流されたヒラメで「右向き」になるのは、1000匹から1万匹に1匹ほどの割合だということで、水揚げされたヒラメも突然変異で生まれたのではないかとみています。

北海道立総合研究機構栽培水産試験場の森立成さんは「今回は天然のヒラメの可能性が非常に高く、より珍しい」と話していました。

「右向き」のヒラメは、すでにセリにかけられ、出荷されたということです。