静岡 浜松 41.1度 国内最高気温に並ぶ あすも40度に迫る暑さか

静岡 浜松 41.1度 国内最高気温に並ぶ あすも40度に迫る暑さか
k10012570421_202008171810_202008171816.mp4
17日は、静岡県浜松市で、これまでの国内の最高気温に並ぶ41.1度を観測したほか、各地で40度に迫る気温を観測しました。西日本を中心に、18日も40度に迫る危険な暑さとなる見込みで、引き続き、熱中症に厳重に警戒してください。
気象庁によりますと、17日は東海や西日本を中心に猛烈な暑さとなり、静岡県浜松市では、午後0時10分に41.1度を観測しました。

これは、おととし7月、埼玉県熊谷市で観測された気温と並び、観測史上、国内で最も高い気温です。

このほか、日中の最高気温は、
▽岐阜県美濃市と宮崎県西米良村で39.7度、
▽長野県飯田市南信濃で39.5度、
▽奈良県十津川村風屋と高知県四万十市西土佐で39.4度などと
東海や西日本を中心に、各地で40度に迫る危険な暑さとなりました。

各地で最高気温の記録更新も相次ぎ、鹿児島県肝付町前田など全国の26の観測点で、これまでで最も高い気温を観測しました。

18日の朝にかけても、気温が25度を下回らない熱帯夜となるところが多い見込みで、18日の日中の最高気温は、

▽山口市と熊本県人吉市、それに大分県日田市で39度、
▽名古屋市や岡山市、鹿児島市で38度、
▽高知市や甲府市で37度などと
西日本を中心に危険な暑さとなる見込みです。

連日の暑さで、熱中症の疑いで、病院に搬送される人が急増し、亡くなる人も相次いでいます。

気温の高い状態は
▽東日本と西日本では今月21日ごろにかけて、
▽東北では今月20日ごろにかけて続く見込みで、
こまめな水分補給や休憩、室内での冷房の使用、屋外ではできるだけ日ざしを避けるなどの対策を取り、引き続き、熱中症に厳重に警戒してください。

特に高齢者は、本人が気付かないうちに症状が悪化することがあります。周囲の人が冷房や扇風機を使うよう、声をかけるようにしてください。

なぜ41.1度?

静岡県浜松市でこれまでの国内最高気温に並ぶ41.1度を観測した要因について気象庁は、大気の下層から上層まで高気圧に覆われていたことに加え、山越えの暖かい空気が吹き降ろす「フェーン現象」が加わったためだと分析しています。

【2層の高気圧で猛暑に】
気象庁によりますと、「太平洋高気圧」は現在、九州付近に中心があり、西日本から東日本にかけてを覆っています。また、上空およそ1万メートルではふだん大陸にある「チベット高気圧」が東へ張り出しています。
このため、東日本や西日本では大気の下層から上層に至るまで背の高い高気圧に覆われる形となり各地で気温が上がっています。

【フェーン現象で局地的に上昇】
さらに、41.1度を観測した静岡県浜松市の付近では、「フェーン現象」も加わったため気温が急上昇したとみられるということです。
「フェーン現象」は、山越えをした空気が暖かく乾燥した風となって吹き降ろすことを指します。
浜松市の北西側には山があり太平洋高気圧の縁をまわって流れ込んだ風の影響で気温が急激に上昇したとみられています。
浜松市では午前9時の気温が33.5度、湿度が62%だったのに対し、正午には気温が39度まで急上昇した一方、湿度が32%まで下がっていました。

【今後も気温高い日続く】
気象庁によりますと、東日本や西日本が高気圧に覆われやすい状況は今週末に一段落するものの、その後も今月の末ごろまで、気温が高くなりやすい状況が続くと見込まれています。
気象庁は、熱中症への対策を続けてほしいと呼びかけています。

国内の最高気温の歴史

気象庁が明治時代に統計を取り始めてから、国内最高気温の記録は、長年にわたって40.8度で、1933年7月、山形市で観測されました。

74年後の2007年8月、岐阜県多治見市で、40.9度が観測され、国内の最高気温が更新されました。

ただ、その後は、記録の更新が相次いでいます。

2013年8月には、高知県四万十市西土佐で41度ちょうど、おととし2018年7月には、埼玉県熊谷市で41.1度を観測しました。

また、おととしは各地で40度を観測する猛暑となり、10位までの記録のうち5つが、観測されています。

静岡県浜松市では、17日午後0時10分に41.1度を観測し、おととしの国内記録に並びました。