タイ 軍出身のプラユット政権に 学生などが抗議の集会

タイ 軍出身のプラユット政権に 学生などが抗議の集会
タイでは軍が政治に影響力を持ち続ける中、軍出身のプラユット首相が率いる政権が強権的な姿勢をとっているとして、抗議する集会が16日に開かれ、参加者は議会の解散などを求めました。
タイでは、6年前の軍事クーデターを主導したプラユット首相が、去年の総選挙のあとも引き続き政権を率いていますが、プラユット政権は軍の政治への影響力を背景に、強権的な姿勢をとっていると批判が出ています。

バンコク中心部で16日に開かれた反政府集会には、学生などおよそ1万人が参加し、政権に対し強権的な姿勢をやめ、議会を解散するよう求めました。

さらに、クーデター後に軍主導の暫定政権の下で施行された今の憲法に代わる、新しい憲法を作る必要があると訴えました。

また、タイでは王室への中傷が法律で禁じられていますが、集会で公然と王室に言及する参加者もいて、異例の事態となっています。

反政府集会は、政治への軍の関与に反対する野党が、ことし2月に解党させられたあと、タイ全土で若者を中心に広がりを見せているのに対し、警察はこのところ、集会に参加した弁護士や学生を扇動などの疑いで逮捕するなど、取締りを強化しています。