キャンプ場近くで川遊びの20代男女 溺れて死亡 広島

キャンプ場近くで川遊びの20代男女 溺れて死亡 広島
16日午後、広島市のキャンプ場の近くを流れる川で水遊びをしていた20代の男女2人が溺れ、死亡しました。
16日午後3時40分ごろ、広島市安佐北区可部町にある『柳瀬キャンプ場』の近くを流れる太田川で、「男性と女性が溺れている」と消防に通報がありました。

消防が2人を救助し、意識不明の状態で市内の病院に搬送しましたが、その後、死亡しました。

警察によりますと、2人は20代で、友人10人ほどとバーベキューをするためにキャンプ場を訪れていたということです。

警察によりますと、友人たちは「気がついたら川で遊んでいた2人の姿が見えなくなっていた」と話しているということで、当時の詳しい状況を調べています。

現場は広島市内の中心部から車で40分ほどの距離にあるキャンプ場の近くを流れる太田川で、魚釣りや川遊びができる場所として人気で、お盆休みの最終日の16日も多くの人が訪れていたということです。