きょうも40度に迫る危険な暑さに 熱中症に厳重警戒

きょうも40度に迫る危険な暑さに 熱中症に厳重警戒
k10012569131_202008161000_202008161016.mp4
16日も各地で晴れて気温が上がり、関東や東海、近畿ではすでに35度以上の猛暑日となっているところがあります。東日本や西日本の各地では最高気温が40度に迫る危険な暑さが予想されていて、熱中症に厳重に警戒してください。
気象庁によりますと、西日本や東日本を中心に高気圧に覆われて晴れ、午前中から気温が上昇しています。

午前9時半までの最高気温は
▽静岡県の浜松市船明で36.6度
▽和歌山県新宮市で35.5度
▽神奈川県藤沢市辻堂で35.1度などとすでに猛暑日となっているほか、
▽大阪市と東京の都心で34.1度などとなっています。

各地で危険な暑さに

日中の最高気温は
▽甲府市と静岡県浜松市、名古屋市、岐阜市、それに京都市で39度
▽前橋市や岡山市、高松市で38度
▽さいたま市や大阪市、熊本市で37度
▽東京の都心で36度
▽福岡市や福島市で35度などと予想されています。

連日の猛暑で、熱中症の疑いで病院に搬送される人が急増していて、亡くなる人も相次いでいます。

引き続き、熱中症に厳重な警戒が必要です。

こまめに水分や休憩をとり、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では冷房を使うなど、十分な対策をとってくだい。

一方、昼ごろからは東日本や東北を中心に大気の状態が非常に不安定になる見込みで、気象庁は急な激しい雨や落雷、突風にも十分注意するよう呼びかけています。