中国 東シナ海など漁解禁 漁船の管理強化するかが焦点

中国 東シナ海など漁解禁 漁船の管理強化するかが焦点
中国政府が東シナ海などで独自に設けている禁漁の期間が16日で終わり、漁が解禁されます。対象の海域には沖縄県の尖閣諸島もありますが、中国の漁師の中には、「尖閣諸島からは離れて操業するよう当局から指示されている」と話す人もいて、中国政府が日本との摩擦を避けるため漁船の管理を強化するかどうかが焦点です。
中国政府は漁業資源の保護を目的に、南シナ海の一部と、東シナ海の一部で5月から続けていた独自の禁漁期間を16日に解除します。

例年各地の港では多数の漁船が一斉に出港していて、このうち南部の福建省の港では解禁を前に漁師たちが出港に向けた準備を進めていました。

対象海域の中には沖縄県の尖閣諸島もあり、4年前には200隻から300隻程度の中国漁船が周辺海域を航行して、一部漁船と中国海警局の船が日本の領海に侵入し、緊張が高まりました。

これについて福建省の漁師の中には、NHKの取材に対し「今回は当局から尖閣諸島からは離れて操業するよう指示されている」と話す人もいます。

香港や台湾などをめぐってアメリカとの対立を深める中国政府が、日本との摩擦を避けるため、中国漁船の管理を強化するかどうかが焦点です。