16日も危険な暑さ予想 熱中症に厳重警戒

16日も危険な暑さ予想 熱中症に厳重警戒
k10012568101_202008151805_202008151807.mp4
15日は西日本や東日本を中心に気温が上昇し、各地で40度に迫る暑さとなりました。16日も危険な暑さが予想され、引き続き熱中症に厳重な警戒が必要です。
気象庁によりますと、15日は西日本や東日本を中心に高気圧に覆われて晴れ、気温が上昇しました。
日中の最高気温は、
▽静岡県浜松市と高知県四万十市中村で39.7度、
▽甲府市と埼玉県鳩山町で39.3度、
▽奈良県上北山村で39.1度、
▽愛媛県愛南町で39度ちょうどと、40度に迫る危険な暑さとなりました。

また、
▽京都市で38.3度、
▽岡山市で37度ちょうど、
▽熊本市で36.6度、
▽東京の都心で36.1度、
▽仙台市で35.5度と、全国921の観測点のうちことし最も多い278か所で35度以上の猛暑日となりました。

16日朝にかけても、気温が25度を下回らない、熱帯夜となるところが多い見込みです。

16日も広い範囲で猛暑日予想

16日の日中も気温が高く、
最高気温は
▽甲府市と静岡県浜松市、名古屋市、岐阜市、京都市で39度、
▽埼玉県熊谷市や高松市、大分県日田市などで38度と危険な暑さが予想されるほか、
▽東京の都心や奈良市、岡山市、熊本市などで37度と16日も広い範囲で猛暑日となる見込みです。

連日の猛暑で、熱中症の疑いで病院に搬送される人が急増していて、亡くなる人も相次いでいます。

引き続き、熱中症に厳重な警戒が必要です。

こまめに水分や休憩をとり、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では冷房を使うなど、十分な対策をとってください。

一方、東日本や東北を中心に大気の状態が不安定になり、局地的に積乱雲が発達しています。

気象庁は急な激しい雨や落雷、突風に十分注意するよう呼びかけています。