連日の猛暑 その要因は“2階建て”の高気圧 気象庁

連日の猛暑 その要因は“2階建て”の高気圧 気象庁
東日本や西日本を中心に連日続いている猛烈な暑さ。その要因について、気象庁は、「太平洋高気圧」に加えて、「チベット高気圧」という2つの高気圧が重なり合って、下層から上層まで暖かい空気に覆われているためだと分析しています。この気圧配置は、今月下旬ごろまで続く見込みで、引き続き、熱中症への厳重な警戒が必要です。

要因その1 太平洋高気圧

今週は、11日に、群馬県でことし最も高い40.5度を観測したほか、14日も静岡県や高知県で最高気温が39度に達するなど、東日本や西日本を中心に猛烈な暑さが続いています。

この暑さの要因の1つが、「太平洋高気圧」です。気象庁によりますと、この「太平洋高気圧」の張り出しが強まっていて、東日本や西日本の広い範囲がすっぽりと覆われています。

要因その2 チベット高気圧

さらに、もう1つの要因が、大陸から張り出している「チベット高気圧」です。

偏西風が蛇行している影響で、「太平洋高気圧」の上層には、先週から、大陸にある温暖な「チベット高気圧」が東へ張り出しています。

このため、東日本や西日本の上空では、2つの温暖な高気圧が重なり合う、いわば「2階建て」のような構造になっています。

さらに、強い日ざしが地上に届きやすくなり、空気が暖められ続けて連日の猛暑となっています。

今後も熱中症に厳重警戒を

気象庁によりますと、この気圧配置は、今月下旬ごろまで続く見込みです。

東日本と西日本では今月20日ごろにかけて、東北では、今月15日から20日ごろにかけて、猛暑日が続くおそれがあり、その後も気温がかなり高くなる見込みだということです。

こまめに水分や休憩をとり、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では日中だけでなく夜間も冷房を使うなど、できるかぎりの対策をとって、引き続き、熱中症に厳重に警戒してください。