イスラエルの軍事企業にSNS通じたサイバー攻撃 北朝鮮か

イスラエルの軍事企業にSNS通じたサイバー攻撃 北朝鮮か
イスラエルの軍事企業が北朝鮮のハッカー集団からビジネスマンに人気のSNSを通じたサイバー攻撃を仕掛けられていたことがわかり、イスラエル国防省が詳細な調査を進めています。
イスラエルの国防省は12日、「ラザルス」と呼ばれるハッカー集団がビジネスマンに人気のSNS・リンクトインを通じて国内の軍事企業に対するサイバー攻撃を仕掛けていたことがわかったと発表しました。

リンクトインは、ビジネスマンの情報交換や転職などに使われるSNSで、今回の攻撃ではハイテク企業のCEOや人事部門のトップになりすましたハッカー集団が軍事企業の従業員に転職の誘いなどのメッセージを個別に送り、社内のネットワークに侵入しようとしていたということです。

ハッカー集団の「ラザルス」は北朝鮮の秘密工作を担当する「偵察総局」の指揮を受け大量破壊兵器などの開発の資金源にするためにサイバー攻撃を行っているとされていて、アメリカ政府が資産凍結などの制裁を科しています。

イスラエル国防省は攻撃を受けた企業の名前や攻撃の時期については明らかにできないとした上で、攻撃はすぐに特定されたため情報漏洩などの被害はなく、さらに詳しい調査を進めるとしています。