コンビニ女性従業員が男に刺され死亡 男も死亡 宇都宮

コンビニ女性従業員が男に刺され死亡 男も死亡 宇都宮
12日、宇都宮市のコンビニエンスストアで、従業員の45歳の女性が男に刃物で刺されて死亡しました。男も女性を襲ったあと自分の腹を刺して死亡し、警察は殺人事件として詳しいいきさつを調べています。
12日午後4時半ごろ、宇都宮市の「ローソン宇都宮陽東四丁目店」で「人が刺された」と店内にいた客から警察に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ男女2人が血を流していて病院に運ばれましたが、この店のアルバイト従業員で市内に住む本名麻里さん(45)は胸を刺されまもなく死亡しました。

警察によりますと、店に入ってきた男がカウンターで接客していた本名さんのところにまっすぐ向かい、いきなり刃物で襲ったということです。

それを見たほかの従業員が制止しようとしたところ、男は自分の腹を複数回刺したということで、病院で手当てを受けていましたがおよそ5時間半後に死亡しました。

男は40代とみられ、警察は殺人事件としていきさつなどを捜査しています。

また、捜査関係者によりますと、本名さんは事件の前にトラブルを抱えていると警察署に相談していたということで、関連についても調べることにしています。

現場周辺の住民は

現場近くにいた40代の女性は「救急車やパトカーの音がして外を見てみると騒然としていて驚いた。よく使うコンビニなので怖いです」と話していました。

また現場近くで飲食店を営む60代の男性は「長い間この辺りにいるが、こんなことは初めてで驚いている」と話していました。