アメリカ 「香港製」を「中国製」と表示義務づけ

アメリカ 「香港製」を「中国製」と表示義務づけ
アメリカは、香港国家安全維持法に対抗して、香港で生産された輸入品にこれまで「香港製」と表示してきましたが、今後は中国本土の製品と同じく「中国製」の表示を義務づけると発表しました。アメリカは香港への優遇措置の撤廃を進め、中国に対し圧力を強める方針です。
アメリカの税関当局は11日、香港で製造され、これまで「香港製」と表示してきた輸入品について、来月26日から中国本土の製品と同じく「中国製」と表示するよう義務づけると発表しました。

トランプ大統領は先月、香港国家安全維持法によって高度な自治が損なわれたとして、香港に認めてきた貿易などの優遇措置を撤廃する大統領令に署名し、今回の措置もそれに基づいています。

アメリカは香港から電子機器や貴金属などを輸入していますが、アメリカのメディアは輸入品のほとんどはもともと中国本土から香港に輸出され、香港で製造されたものは少ないため、影響は限定的だと伝えています。

ただ、トランプ政権は大統領令に基づいて今後もさまざまな優遇措置の撤廃を進めていくとみられ、米中の対立がさらに激しくなるのは避けられない見通しです。