東京 千代田区長が議会の解散表明を取り消し

東京 千代田区長が議会の解散表明を取り消し
マンションの部屋の所有問題をめぐって議会の解散を表明していた東京・千代田区の石川雅己区長は11日、記者団に対し、議会側に解散表明の取り消しを通知したことを明らかにしたうえで、区政を停滞させたとして陳謝しました。
千代田区議会をめぐっては、石川雅己区長が区内のマンションの「事業協力者住戸」と呼ばれる部屋を所有していた問題で議会でうその証言をしたなどとして、議会が石川区長を刑事告発することを決めましたが、石川区長は「実質的な不信任だ」として議会の解散を表明していました。

これに対して25人の区議会議員全員が解散の無効を確認する裁判を起こすとともに、裁判が確定するまでの間、効力を停止するよう申し立てた結果、東京地方裁判所は今月7日、解散の効力を停止する決定を出しました。

これについて、石川区長は11日記者団の取材に応じ、「裁判所の判断はこれ以上区政の停滞は許さないという強いメッセージで、異例な形で出されたものなので私もそれを重く受け止め、本日、解散の取り消しをした。大所高所の見地から決断した」と述べ、11日朝、区議会の小林孝也議長に解散表明の取り消しを通知したことを明らかにしました。

そのうえで石川区長は、「区政を停滞させたこと、区民ならびに区民の代表の議会の皆様にも多大なるご心痛をかけたことを深くおわび申し上げたい」と陳謝し、今後は議会に出席する意向を示しました。

「一刻も早く正常に」

千代田区議会は石川区長の解散表明の取り消しを受けて各会派で断続的に対応を協議し、公明党を除く議員が連名で公開の議場での謝罪などを求める申入書を区長に手渡しました。

千代田区議会の小林孝也議長は記者団に対し、「区長に真摯(しんし)に対応してもらい、一刻も早く議会が正常に戻るようにしていきたい」と述べました。