海水浴場で16歳の女子高校生が死亡 新潟 新発田

海水浴場で16歳の女子高校生が死亡 新潟 新発田
11日、新潟県新発田市の海水浴場で家族と海水浴に来ていた16歳の女子高校生が海底に沈んでいるのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。女子高校生は1人で泳いでいるうちに行方が分からなくなったということで、海上保安部が当時の状況を詳しく調べています。
11日午後3時50分ごろ、新発田市の藤塚浜海水浴場で「人が流されて行方不明になった」と海水浴場の監視員から消防に通報がありました。

近くにいた人たちが捜索にあたったところ、海岸からおよそ10メートル離れた海底に女性が沈んでいるのが見つかり、病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。

新潟海上保安部によりますと、死亡したのは新潟市内の高校2年の16歳の女子生徒で、父親や弟と一緒に海水浴に来て1人で泳いでいるうちに行方が分からなくなったということです。

海上保安部は関係者から話を聞き、当時の状況を詳しく調べています。

捜索の様子を目撃したという50代の男性は「海を泳いでいたら、監視員が『砂浜にあがってください』と言い始めて、女の子を探していました。海水浴場の水深は浅く、このあたりで人が溺れることはなかったのでびっくりしています」と話していました。